オートロック・マンションインターホンに関するお問い合わせはこちら ※電話番号をタップすると電話に繋がります。

株式会社千葉通信システム

Tel:0120-713-188受付08:00~17:00 定休日:日祝

テレホンオートロック3電話式集合玄関機


オートロックをこれから導入したい方におすすめです

電話式集合玄関機(電話式インターホン型)オートロックとは?

エントランスホールに電話式集合玄関機(ロビーインターホン型)を設置し、インターホン子機の代わりに、
居住者の固定電話や携帯電話でオートロックを解錠します。  
電話回線を使用して住居者と話をしますので、室内への配線工事が不要です。
新築・既存マンションやビルでも低コスト、短期間の工事で導入できる簡易オートロックシステムです。


施工例

■オートロックのない共同玄関に電話式集合玄関機・ドアの新設
電話集合玄関機・オートロックの施工事例


テレホンオートロック3の特長


テレホンオートロック3の特長
1.簡単・安心!特定番号に「ワン切り」で開錠
2.室内工事の必要がありません
3.登録・削除・管理が簡単! 
4.従来のオートロックに比べ、低コストで導入可能!
5.月々の維持費も低価格


※電話回線使用のため、毎月の電話基本料金が発生します。



短期間工事で低コストなオートロックシステム なぜ短期間工事で低コストなの?

エントランスのみの工事なので、居室内や廊下の工事が必要ありません。
各部屋への日程調整・工事中の騒音や美観を損ねることがなく、スムーズな施工ができます。


施工期間は最短で1日、最長でも3日で完成しますので、入居者様や近隣の住民への負担も少なく工事を行えます。

世帯数や構造にあわせて最適なインターホンシステムをご提供します

マンション
マンショオートロック
 アパート
アパートのオートロック設置工事
 オフィスビル
テナント・オフィスビルのオートロック
レンタルオフィス
レンタルオフィスのオートロック
 シェアハウス
シェアハウスにオートロック
 学生寮・社員寮
学生寮・社員寮にオートロック

※工事内容や建物の状況により異なりますので、詳細は当社までお気軽にお問い合わせください。


製品の比較

【従来型のオートロック】 【テレホンオートロック3-電話集合玄関機】
 

・戸数分の子機と配線工事が必要
・施工期間が長い
・費用が高額



 

・各戸の既存の電話を使用するため子機が不要
・携帯電話、スマートフォンでの開錠も可能
・各戸への配線工事が不要
・電話回線1回線が必要です。(アナログプッシュホン電話回線)
・専用電話番号の取得が必要です。
・設置場所:エントランス(玄関入口)に設置します。


ご利用方法

 来訪者に入館を許可するとき

オートロック・自動ドアのご利用イメージ
①来訪者は、ロビーインターホンで訪問先の番号(部屋番号)を押します。
②画面に出た部屋番号を確認し、正しければ[呼出]ボタンを押します。
③訪問者から各ご家庭の固定電話か携帯電話機に電話がかかり、居住者と通話ができるようになります。
④訪問を許可する場合は、電話機の[*]を押すとオートロックが解錠されます。  
※ICタグはオプションです




 居住者が入館するとき

  1. 電気錠専用キー(鍵)で入館します。(テレホンオートロックⅢに付属することも可)
  2. 非接触タグ(非接触カード)で入館します。(オプション※2
  3. 本体に登録の暗証番号で入館します。(3種類登録可)


ランニングコスト

電話回線を使用しますので、毎月の電話基本料金とロビーインターホンから居住者の固定電話機を呼び出した場合の通話料金は、
1回8円(税別)が発生します。(3分で切断)

【例】アナログ回線で、1日20件の来訪者(1ヵ月30日と計算)した料金(税別)
   20件×30日×8円(通話料金)+1,700円(基本料金)=6,500円
   となります。

※上記金額は、固定電話の場合で、携帯電話の場合や電話会社との契約内容より異なります。


製品比較

   テレホンオートロック1・電気錠遠隔操作機
テレホンオートロックⅠ
(電気錠遠隔操作機)
テレホンオートロック3・電話集合玄関機
テレホンオートロックⅢ 
(電話集合玄関機)
メリット ・ 低価格、短期間でオートロックの設置が可能です。
・維持費がかかりません。
・共同玄関周辺の工事のみのため、各部屋での配線、取付工事を行う必要がありません。
・インターホンがないので、勧誘やセールスなどの訪問者が入れません。
・登録番号が携帯電話の場合、外出先からでもオートロックが解除できます。
・訪問者が共同玄関で入居者に連絡できます。
・戸数が多いマンションほど従来のオートロックシステムに比べ、導入コストが低価格です。
・共同玄関周辺の工事のみのため、各部屋での配線、取付工事を行う必要がありません。
・来訪者を写真で確認することができます。(メール送信 ※オプション)
デメリット ・間違い電話でも解錠します。
(居住者の登録番号だけによる解錠方法を採用すればセキュリティを強化できます。 ※オプション)
・郵便、配達業者などが入居者の連絡先を知らない場合、中に入れず荷物をスムーズに渡すことができません。
 ・訪問者がロビーインターホンから呼び出しをおこなった場合、一回の呼出につき8.5円(3分で切断)が発生します。

・勧誘やセールスなどの訪問者に対応しなくてはなりません。




仕 様

 品  名  電話式インターホン(集合玄関機)
 使用電話回線  アナログプッシュホン電話回線
 音響装置 マイク、スピーカー( ハンズフリー)
 入力キー  12キー、呼出、取消
 消費電力 MAX6W 
外形寸法  横×縦×奥行:250×300×68mm(突起を除く) 
質  量 3Kg 
 電源電圧 AC100v 50/60Hz(標準) 
 取付方法 壁面へビス止めで取り付け 
 カード種類 EMカード、FELICA、MIFARE(一部読めないカード有) 
 電話端末認定  アナログ電話端末技術基準適合認定
認証番号A11-0080001
 解錠出力 無電圧接点(A接点)を
電気錠(自動ドア)の制御盤に接続します。 



オプション機能

カメラ付 画像メール転送機能

居室固定電話またはスマホ(携帯電話)がインターホン子機として利用できます。
来訪者の写真が送られ本人確認がどこからでもできます。

オートロック|来訪者の画像をメールで確認できます




画像メール転送の主な流れ

  1. 通話はアナログ電話回線(ひかり、ISDN,IP電話可)経由で電話局に接触され、そこから各戸の個人の携帯電話を呼び出します。
    携帯ではインターホン専用の電話番号が表示され通話開始時に「ピンポン」と音が聞こえます。
  2. 呼出ボタンを押した瞬間の画像をインターネット経由で各個人の携帯(Eメールが読めるパソコン等)へ送ります。
    (携帯であれば多くの場合は、通話より先にEメールが見れます。)
  3. 指定番号に自動ダイヤルで連絡が入ります。
  4. スマートフォンの場合は電話とメールを同時に受信し、通話で相手を確認し「*」でオートロックの解錠ができます。
    また、写真が添付されたメールでも相手を確認できます。
    ※携帯電話の場合は、電話もしくはメールのいずれかになります。

ランニングコスト:通話はアナログ回線料(ひかり、ISDN,IP電話機) 画像はインターネット回線料



オプション品

電気錠用遠隔操作制御器 ※2

非接触 ICタグ … ICタグは、最もシンプルな入室管理装置です。
  • 非接触 ICタグ (オプション)・タグは、受信機にかざすだけの簡単操作です。
    ・個別にIDを登録した認証で、住居者の皆様を一人ひとり認識してドアを開けます。
    ・4000件まで入室が記録されます。



非接触 EMカード

EMカードは、財布に入れたまま使用できます。 EMカードでオートロックを簡単操作

EMカード (125KHz)
EMカードで自動ドアも簡単操作国内で多く流通している他社のカードと周波数が違うので
財布の中で重なっても混信しないで読めます。

・他社カード(13.56MHz)他社カード|使用例同じ周波数のカードが多く流通し、財布に中で混信してしまうので、
財布から取り出す必要があります。



台座

電話式集合玄関機は、台座の上に設置することもできます。 (工事費は別途お見積りとなります。)





オートロック施工事例

施工例の中の一部をご紹介します

※画像をクリックすると、拡大表示します。




千葉県
オートロック施工事例②|千葉通信システム




東京都
  オートロック施工事例③|千葉通信システム




東京都
 オートロック施工事例④|千葉通信システム




東京都
  オートロック施工事例⑤|千葉通信システム




お問い合わせから工事完了まで





 資料請求・お見積り・ご相談 お気軽にお問い合わせください。

※電話番号をタップすると電話に繋がります。 ※お問合せフォームのページが開きます。